あなたの婚活偏差値はいくつ?婚活EQ診断でチェック

【婚活ブログ運営者が教えます】失敗しない結婚相談所の比較・選び方

選び方婚活のやり方
この記事は約5分で読めます。

知人紹介や仲人より結果が出やすい「結婚相談所のメリット」

最近でこそ行政が主催する婚活事業もちらほら出てきましたが、まだまだサービスは発展途上。お住まいの地域で開催されていない、対象外ということもあるでしょう。

使える手段はできる限り利用した方がチャンスは広がりますが、主戦場とするならやはり民間の結婚相談所に軍配は上がります。

✔ 多くの人の中からふさわしい人を推薦してくれる
✔ 客観的な判断でマッチングしてくれる
✔ 合わないときにお断りしやすい
✔ 謝礼(料金設定)が明確

知人に紹介してもらう、昔ながらの仲人さんにお世話してもらうのも一つの手です。もともとの知り合いであれば、お互いに気心もバックグラウンドも知れているので安心してお願いできます。

しかし、その反面、身内びいきで実際以上によい人だと勧められることがあります。いざお断りするとなったときにも簡単にはいきません。今後の人間関係にも影響しかねません。気も使いますし、次が紹介してもらいにくくなります。また、めでたく成婚に至った場合にも悩ましい点があります。

また、知り合いや地元の仲人さんですと、手持ちのカードが限られます。せいぜい数人から十数人ですよね。仲人さんですと、全国共通の会員データを使う人もいますが、仲人さん自身が直接知っている人ではありません。

よけいなしがらみにとらわれず、できる限り多くの可能性の中からふさわしい相手を見つけ出せるのが結婚相談所なのです。

とは言え、トラブル皆無ではない結婚相談所

「婚活」という言葉が流行語で終わらず、すっかり定着しました。それだけに、巷には婚活サービスが次々と生まれては消えています。歴史が長くしっかりした運営のところもありますが、まだまだ苦情が寄せられトラブルになっている企業も存在します。

実態については、独立行政法人国民生活センターのサイト上で公開されているのでご一読ください。

解約したいと言ったができないと言われた」「解約料が高い」「返金額が少ない」という解約に関する相談や、「事前に聞いていたサービス内容と実際が異なる」「希望する条件に合った人を紹介されない」「紹介してもらっても相手からの返事がなく、先に進めない」などのサービス内容に関する相談が多くみられる。


http://www.kokusen.go.jp/news/data/n-20101111_2.html

相談事例

(1)書面に書かれていない「更新料」を請求された
(2)不信感が募ったので中途解約を申し出たが、「できない」と言われた
(3)解約料が高く納得できない
(4)パンフレットに書かれたサービスが利用できず、説明と違う解約料を請求
(5)「絶対結婚できる」と言われたのに、説明と違うことがいくつもあった
(6)希望する条件を伝えて契約したのに、条件に合う人を紹介してくれない
(7)まだ結婚の約束もしていないのに、成婚料を請求された
(8)パーティーで気に入った人に会うために入会が必要、と契約を迫られた
(9)大人数のお見合いパーティーだと思ったら、少人数だった


http://www.kokusen.go.jp/news/data/n-20101111_2.html

結婚相談所選びで失敗しない選び方のポイント

人生を共に助け合うパートナー
人生を共に助け合うパートナー

結婚相談所を選ぶなら、適当に目についた一社で決めるのは危険です。結婚はその後の人生に大きく影響するもの。大きな手術をするときの病院選びや、家を建てる時のハウスメーカー選びくらいの気構えで慎重に選びたいものです。

大前提として、法令順守の企業かどうか。よくあるトラブルが「入会金だけ取られてさっぱり人を紹介してもらえない」「解約しようとしても解約金を返してもらえない」などというお金がらみのもの。

耳ざわりのいい美辞麗句に踊らされず、特定商取引にのっとった企業であるかを見極めてください。個人情報保護法や解約金などの取り扱いについて、明確に記載しているかである程度チェックできます。

入会前に確認すべきチェック項目

✔ 中途解約の制度があるか
✔ 年会費だけではなく月会費制度があるか
✔ 月会費だとしても在籍期間だけの支払いでよいか
✔ 身分証明・独身証明が必須か
✔ 個人情報の管理体制

※独身証明についてはこちらで解説しています

チェック項目で大丈夫となれば、今度は中身の吟味です。冷たいことを言うようですが、結婚相談所に入会しさえすれば結婚できるというのは幻想です。あくまで主体は本人。それを上手にサポートしお世話してくれるのが結婚相談所です。入会は婚活のスタートラインに立っただけです。お客さん気分であれこれ相手を品定めする姿勢では決まるものも決まりません。

サポートしてくるカウンセラーは、おべっかだけ言う人ではダメです。耳に痛いこともはっきりと言ってくれる人なくてはいけません。現状を分からせてくれた上で、改善のための助言を与えてくれる人が理想です。

また、いくら会員が多くても紹介しっぱなしではなかなか進展しません。本人が多忙だったり、積極的でなかったりすれば時間だけが過ぎてしまいます。カウンセラーが進捗を聞き取ってアフターフォローをしてくれるところを探しましょう。フォローが手厚いところほど成婚率は上がります。

※婚活サービスの種類のちがいについては、こちらで解説しています。

まずは、資料を取り寄せ各社の特徴を比較してみましょう。一度の入力で、複数の結婚相談所から無料で資料を一括請求できます。

↓ 親御さんが代理で資料請求できます ↓