あなたの婚活偏差値はいくつ?婚活EQ診断でチェック

転勤族の婚活、マッチングアプリを使っていいのは○○だけ!失敗したくないなら…

婚活のやり方
この記事は約7分で読めます。

転勤族はほかの人と同じように婚活をしていては、確実に不利です。手軽で便利なマッチングアプリですが、参加しているのはまだまだ結婚を考えてはいない若い世代。


恋愛からリハビリしたいならば、若い20代から30代前半に限ってはマッチングアプリも有効活用できます。ただし、35歳をこえて悠長にマッチングアプリで結婚相手を探しても結果はでません。


転勤族が利用するなら、時間を無駄にしないためにも最初から婚活アプリ一択です。ですが、それでも恋活アプリに興味があるのなら、マッチングアプリの中でも真剣度の高いものを選んでください。

☑ 気負わないライトな婚活なら
    Omiai(おみあい)

☑ 若くてガツガツしていない女子狙いなら
    with(ウィズ)

☑ 結婚が近い婚活をしたいなら
    ゼクシィ縁結び

マッチングアプリ、使い方をまちがえると後悔することに

そろそろ結婚したい男性
そろそろ結婚したい男性

マッチングアプリって手軽だよね~

わたゆき
わたゆき

でも、登録してる人が欲しいのは、旦那じゃなくて彼氏だから。

始めに断っておきますが、マッチングアプリは便利な出会いのツールの1つです。


ただし、向き不向きがあります。自分がマッチングアプリを使って結果が出せるかどうかを、最初にしっかり判断すること。


マッチングアプリは、手持ちのスマホからすき間時間で気楽に活動できます。


登録も厳しい審査はなし。指先をすべらすだけで、まるでカタログを眺めるように好みの見た目の異性を探していきます。


男性もそうでしょうが、マッチングアプリを使う女性もまず見るのは外見。


数多くの人を流し見していくので、1人に視線を向けるのはせいぜい1,2秒。よさそうと思った男性だけが、プロフィールまで読んでもらえます。

マッチングアプリの使われ方

☑ 流し見
☑ 容姿がよさそうな人で指を止める
☑ プロフィールをチラ見
☑ テンポよい人とだけやりとり
☑ ちょっとのことで音信不通




目をとめてもらっても、年齢や身長などといったほんのわずかな情報でアリナシを判断されるというのが現実です。それもそのはず、マッチングアプリで求めているのは恋の相手。結婚相手を探しているという人は少数派でしょう。


マッチングアプリでは、結婚相談所や結婚情報サービスのように登録者情報の段階で結婚についての考えを見られる部分がありません。


つきあってみて、結婚を意識する人と出会うこともあるかもしれません。ただし、相手の結婚観や収入、親のことなどは自力で段階をふんで探っていく必要があります。


つまり、恋愛相手を探すにはとても使い勝手のよいサービスですが、結婚まではかなり時間がかかるということだけは理解しておきましょう。

マッチングアプリ=恋人探し

結婚相手探しには不向き

転勤族でマッチングアプリを使っていいのは20代から30代前半まで

わたゆき
わたゆき

マッチングアプリを使うなら、年齢を考えて!

個人差はありますが、男性で結婚が厳しくなってくるのは35歳以降です。


35歳以降から婚活を始めようと思い立って、マッチングアプリに手を出そうとしたら私なら全力で止めます。


彼女探しで貴重な時間を延々費やして、気がついたらもう40歳間近なんて事態に陥ったら挽回するのは一苦労です。


転勤族ならなおのこと。目先の料金のことよりも、取り返せない若さを大事にしてください。

30代後半の転勤族にマッチングアプリは不向き!

そろそろ結婚したい男性
そろそろ結婚したい男性

今まで忙しくて恋愛どころじゃなかった。

わたゆき
わたゆき

まずは婚活初級編として、女性に慣れるために利用する手もあり。もちろん、いい人がいたらつかまえて!

ここまでマッチングアプリを否定ばかりしてきました。ですが、ある程度若い人なら話はかわってきます。


20代から30代前半で、まだ気持ちに余裕がある人です。いきなり「結婚」。というのはハードルが高いのはごもっとも。

若い人ならマッチングアプリもアリ

まずは手ならしとして恋愛から始めてみるのも、結果的には急がば回れとなるかもしれません。


婚活の場でよく見かけるのですが、環境のせいで女性慣れしていないがために上手くいかない男性もいます。


本人自体は魅力的なのに、女性とのコミュニケーションが苦手なだけで損してます! 女性の扱いというか、気持ちを理解して上手く立ち回れるようになるには経験あるのみ。


まわりにいませんでしたか。女兄弟に囲まれて、やけに女性の扱いを心得ている人。


相手がただ話したいだけということを理解して、ただ黙って話を聞ける。食事に行くにしても「何でもいい」と言われても「イタリアンと和食と焼き肉、どの気分?」なんてサラッと聞ける。女慣れしている人は概してモテます。


目的が「結婚」ではなく、あくまで「女性の扱いに慣れる」「恋愛」というのならマッチングアプリは最適。仕事で帰りの時間が読めなくても、就寝前や通勤時間に片手のスマホだけでお相手が探せ、連絡を取り合えます。


今の時代は普通の女の子がマッチングアプリで彼氏を探します。運営元がしっかりとしたマッチングアプリならば、心配は少ないでしょう。




ただし、最近ではマッチングアプリでも「婚活」に特化したサービスも登場しています。


恋活アプリと婚活アプリの差は年々近づいているのです。どうせやるなら、最初から婚活特化しているゼクシィ縁結びのようなアプリを選ぶ方が得策ではあります。個人の自由ですが。

転勤族におすすめのお相手探し向けマッチングアプリ

アプリ探しで時間を使いすぎないように…

恋人探しや結婚相手探しのためのマッチングアプリは山のようにあります。比較や口コミのサイトも多数あり参考にするのもよいと思います。


ただし、どこがいいのかと調べ始めるといくら時間があってもキリがありません。


いいですか。一番時間をかけるべきは、実際に相手と出会い分かり合う過程です。


どこがゴールなのかを見失うと、時間ばかりが過ぎていきます。転勤族の自分からすると、チェックすべき点は数点。

☑ 運営元の信用度
☑ 会員数
☑ 会員の真剣度

ここに、転勤対象が全国ならば、会員も全国にいるところが条件となります。


結婚を意識する年齢の会員が多く運営元がしっかりしているところとなると次のようなところとなります。

Omiai(おみあい)

「お見合い」というネーミングに気押されますが、そこまで「婚活」を意識してガンガンいく雰囲気ではないです。


単なる恋人探しに終わらず、そろそろずっといられる相手を探したい…というくらいのテンションで始めたい人に向いています。

↓ 無料ダウンロードはこちら ↓

with(ウィズ)


Omiaiより軽い感じで入ってくる人が多い印象です。メンタリストDaiGo監修の心理テストや相性占いがあるので、表立って活動しにくかった女子を呼び込んでいます。


「べつに興味はないんだけど、心理テストしたかったから…」なんて人は、実は結婚願望強かったりします。

↓ 無料ダウンロードはこちら ↓

ゼクシィ縁結び


女性としては、一番参加の心理的ハードルが低いです。



なぜかというと、絶大な女性認知を誇る結婚情報サービス「ゼクシィ」ブランドだからです。結婚が後ろに控えている気がして、安心できるんです。

つまり、結婚をまじめに考えている女性が集まりやすい!

↓ 無料ダウンロードはこちら ↓

転勤族の結婚は35歳までには決めよう

正直なところ転勤族は、女性にとって不人気です。悠長に年齢を重ねてしまえば不利になるばかり。


マッチングアプリを使うなら、期限をきって、できるだけ真剣に活動している会員が多いところに登録しましょう。

☑ 気負わないライトな婚活なら
    Omiai(おみあい)

☑ 若くてガツガツしていない女子狙いなら
    with(ウィズ)

☑ 結婚が近い婚活をしたいなら
    ゼクシィ縁結び

人気コンテンツ
誰にも知られず、2分で無料診断

自分の結婚能力はどれくらいか知っていますか?

あなたの魅力が伝わらないのは、自分のことを理解できていないから。業界最大手のオーネットで、婚活に足りない部分を診断しましょう。

今から婚活スタートすれば、半年後にはゴールインも夢じゃない!

婚活のやり方
watabeyukieをフォローする
転勤族のための婚活レッスン