あなたの婚活偏差値はいくつ?婚活EQ診断でチェック

【転勤族40代男性】結婚できるかどうか崖っぷち!本気の婚活で独身脱出

息子の結婚はいつ?40代
この記事は約11分で読めます。

先延ばしにしていたら、いつの間にか40代。のんびりしていたらあっという間に50歳です。

 

「生涯未婚率」を知っていますか? 政府の調査で使われている用語で、50歳で未婚の人の割合のことです。つまり、もし50歳で結婚していなければ、生涯未婚だとみなされてしまうのです。公的に。

 

婚活をするにしても、仕事の休みの活動となれば年単位で時間もかかります。40代は最後のチャンスです。転勤族のハンデを乗り越える術もあります。真剣に、正しい婚活を始めましょう。

 

 

 ▼無料相談予約はコチラ▼
ゼクシィ縁結びエージェント

いつかは結婚できる…「いつか」はやってきましたか?

人生を共に助け合うパートナー

人生を共に助け合うパートナーがいれば…

 

まだまだ若いと思っていたら、いつの間にか40代にさしかかっていた…。いつかは結婚できるだろうと、のんきに構えていたら「いつか」はいつまでたってもやってこない。

 

そうなんです。今の時代は、だまって待っていても結婚できません。親の時代のように、会社の中にお嫁さん候補が用意されているわけでもないし、世話焼きおばさんがお見合いを持ってきてくれることもないのです。

 

恋愛至上主義に時代は変わり、自由になった代償として恋愛や結婚は自己責任。自ら動き出して相手を見付けなければ、世界は何も変わりません。もちろん、結婚だけが幸せではないし、個人の生き方によそから口出しされる筋合いもありません。好き同士で結婚したのに、醜い争いの末離婚する夫婦も少なくありません。

 

それでも、離婚経験者ほど破局の傷も癒えないうちから次の恋を探し始めるんですよね。やっぱり、人は一人より二人がいい。結婚した人ほど、実感しているから凝りもせずまた結婚するのだと思います。

 

参考 一人でも生きていける時代、結婚するのはなぜ?

転勤族こそ結婚しなきゃいけない?結婚しなくても生きていける時代…それでも
結婚するしないは個人の自由です。結婚していないからといって、一人前扱いされない昔とは時代が違います。料理が出来なくても外食で困らないし、家事も家電の進化で便利になりました。それでも、転勤族こそ結婚した方がよい理由があります。

 

女ならば、出産のことを考えなければならないので、自然とアラサーくらいで焦り始めます。いかんせん男は産む性ではないので、結婚適齢期なんてどこ吹く風とばかりに他人事。確かに、女ほどは年齢に捕らわれる必要はないかもしれません。それでも、結婚となると育児や収入、介護などの問題を無視することはできません。

 

男も40代に突入すると、女からは交際相手としてはありかもしれませんが結婚相手としては見られなくなってくるのです。

 

参考 男も結婚適齢期はある?35歳限界説ってホント?

男には結婚適齢期はない?35歳までがタイムリミットと焦る本当の理由
男には結婚適齢期がないと思っていませんか?焦らなくてもいつかは結婚できるとのんびりしていては手遅れになります。35歳が結婚のリミットと言われますが、結婚や子どもの誕生といった人生のイベントに照らし合わせると理由に納得できるでしょう。

 

女性が結婚相手に「おじさん」を避けるのには理由がある

転勤族と聞いてためらう女は多い

子育てや介護が心配…

そろそろ結婚したい男性
そろそろ結婚したい男性

40代ってだけで足切り??

わたゆき
わたゆき

結婚後のことを具体的に考えてみるとさ…。

男の40代は世慣れていて落ち着きもありながら、可愛らしいところもあるので個人的には好きです。ただ、あなたが結婚したいと思う対象の女性は20代、30代前半までの女性ですよね。その世代の女性で、結婚相手に望むのは自分と同じくらいの年齢かちょっと上くらいまでです。

 

参考 40代男が20代女性との結婚は狙えるか?

【独身アラフォー男の婚活】若い娘との一発逆転ホームランはあるか?
独身をこじらせると、一発逆転を狙いがちです。一回り以上若い女性と結婚するのは至難の業です。絶対にないことではありませんが、年齢にこだわっているうちにどんどん自分が歳をとっていく可能性の方が高いです。 理想があるのは悪いことでは...

 

男が結婚相手に若い女を望むのは、子どもが欲しいという本能的なものです。女の立場からから結婚を考えたときも、同様にある程度の若々しさを男に求めます。例えば、最初のデートでくたびれたゴルフウェアを着たお腹が出た男が現れたら、女の側の心のシャッターは閉ざされます。見た目だけで判断するなんて、と憤慨されそうですが考えてもみてください。

 

おじさんぽい外見 = 結婚後の生活に不安を感じさせる(育児や介護)

 

結婚するなら、たいていは子どもを持ちたいでしょう。子どもに恵まれたとしても、子どもの運動会や参観日、面接などで夫が参加する場面はたくさんあります。幼稚園なら20代のパパがたくさんいます。小学生でも30代前半のパパがPTAで活躍しています。子どもが小さいのに、お父さんがおじいちゃんみたいではかわいそうなのは否めません。子どもが社会人となり独り立ちする前に、夫は定年。子どもを複数となったら、空白期間は何年になるか。転勤族なら、妻もそう自由には働けません。

 

介護も結婚後、遠くない未来に訪れるはずです。子育てと重なり、転勤先からの遠距離介護なんて、想像するだけで大変です。夫自体も、妻よりもだいぶ年上ならば、夫の介護も子の独立後すぐに迫られるかもしれません。

 

お判りでしょうか。女は意識するとせざるとかかわらず、本能レベルでこうしたことを判断しています。だから、「おじさんぽい」人を避けるのです。逆を言えば、芸能人が年齢がいっていても若い女性にモテるのは、若々しいから。外見が若いということは、結婚してもバリバリ稼いでくれ、この先の不安が少ないのではないかと感じさせます。現実はどうあれ、結婚後の生活に不安をおぼえさせないことは、かなり重要です。

 

若々しい外見 >>> 実年齢

 

転勤族40代独身男性が婚活の場で選ばれない理由

付き合っているだけなら気楽だけれど

付き合っているだけなら気楽だけれど

そろそろ結婚したい男性
そろそろ結婚したい男性

どこがいけないのかな…

わたゆき
わたゆき

あなたがダメなんじゃなくて、やり方がまちがってるんじゃない?

 

1.外見がおじさんぽい
2.コミュニケーション能力の欠如
3.転勤のデメリットをフォローできていない
4.婚活方法が間違っている

 

何だかひどい言いようですが、ご容赦を。

外見がおじさんぽい

 

「外見」については、先ほど説明したように、女性に不安を感じさせないようにすればいいのです。モデルばりにお洒落にしろという訳ではありません。清潔感があって、実年齢よりも少しだけ若々しさを感じさせる程度で構いません。

 

洋服や靴、バッグなども、店頭に並んでいるものは今の流行のものです。店員さんに相談しながら見繕ってもらえば、大きく外すことはないでしょう。まちがっても、仕事用のギョウザのようなビジネスシューズを履いてデートに出かけてはダメですよ。もちろん、集金に行くようなセカンドバッグも厳禁です!!

 

参考 第一印象で失敗すれば、次につながりません

女性は男性のココを見る!セルプロデュースで外見・印象は変えられる
第一印象は大事といわれますが、実際女性は男性のどこを見ているのでしょうか?漠然としていてつかみどころのない「清潔感」についても、対策を具体的にまとめています。身づくろいはお金をかけずに自分でもできます。人生を大きく左右するかもしれない出会いに、最善の姿で挑みましょう。

参考 内面を見てもらうために外見も磨こう

外見が全てじゃない!ですが婚活の場は見た目で無理と思われたら試合終了
内面で勝負したい気持ちはごもっとも。だからこそ、中身を見てもらうため、次へとつなげていくための入り口として必要最低限の身だしなみが欠かせないのです。何も、高価なファッションである必要はありません。年齢に応じた、こざっぱりとしたジャストフィットの洋服を選ぶだけのことです。奇をてらわず、場になじむような普通の服で良いのです。

 

コミュニケーション能力の欠如

 

「コミュニケーション能力の欠如」は、女慣れしていないとか社交性のなさですね。職種が研究職や建設関係で女性が少ないのならば、仕方のないことかもしれません。それでも、40代ともなれば大人の余裕と包容力が期待されます。女性のいる場に身を置いて、実践でレベルを上げていくしかありません。ただ、女性の扱いについては、慣れだけの問題です。場数を踏めばカバーできます。

 

厄介なのが、高圧的な態度がにじみ出てしまうパターンです。日々厳しいビジネスの世界で戦っていれば、舐められないようにと必要以上に虚勢を張ることもあるでしょう。男のプライドもあります。それは構わないのですが、婚活の場ではマイナスにしかなりません。とりわけ、お互いのことを知らないうちならば、表面的な態度だけで判断されてしまいます。もったいない。

 

自分のことは棚に上げて相手の女性のことを卑下したり、相手の話を聞かずに一方的に説教を始めたり…。婚活を始めても、なかなか上手くいかない人に多いパターンです。お目当ての女性と二人で話す機会があっても、相手にしゃべらせずに自分のことばかりを延々とまくしたてる。相手が嫌な顔をしていても気が付かないので軌道修正もできません。

 

反対に、話を盛り上げようと「休日は何してる」「趣味は」「仕事は」「得意な料理は」などと、尋問のように質問攻めにしてしまいます。話のきっかけとしての質問は大いに結構なのですが、答えを広げて話をいかに膨らませるかが大事なのに、尋問では本末転倒。次はないでしょう。

 

改善するためには、実際に婚活専門のアドバイザーなどのカウンセリングを受けて実践あるのみ。きちんとした結婚相談所ならば、女性がのってくるような会話術も教えてくれます。模擬面接のようなもので自信をつけていくのも効果的です。

 

 ▼無料相談予約はコチラ▼
ゼクシィ縁結びエージェント

 

転勤のデメリットをフォローできていない

 

「転勤のデメリット」は、20代でも30代でも共通の悩みです。共働きが当たり前の時代に、転勤族と結婚すれば妻の側が仕事を辞めざるを得なくなります。キャリアを見据えて真面目に仕事をしている女性ほど、転勤族は結婚相手として敬遠します。

 

打開策としては、手に職系の女性を狙うこと。そして、子どもができるなどの状況によっては単身赴任も辞さないことを最初からアピールすること。女の側が転勤に振り回されることが多いのです。不安を分かってあげること。そして、解決策をいっしょに話し合う姿勢を見せることで、ハンデを乗り越えられるはずです。

 

参考 【転勤の何がデメリット?】結婚前に女性が不安に思うこと

【全国転勤のメリット・デメリット】転勤族の彼氏との結婚に迷うあなたへ
結婚を考える相手が転勤族だったら…。住み慣れた土地を離れて、親元も友達とも離れてやっていけるのか?今の仕事を辞めなくてはならないのか?転勤がある人との結婚は、悩みも多くなりますよね。現役転勤族の妻の立場から、転勤のメリットデメリットをありの

参考 転勤をハンデではなく武器にする!

転勤が婚活でデメリット?相手によってはメリットにも武器にもなる!
転勤があるからモテないと思い込んでいませんか?転勤のことを伝えたら別れを切り出された人もいるでしょう。ですが、それは縁がなかっただけ。仕事と同様に、自分と会う女性についてマーケティングしましょう。次の転勤までの数年間のリミットは、真剣に結婚を考える女性からみるとメリットに変わります。自分がモテる分野を見付けることです。

 

婚活方法がまちがっている

 

「婚活方法がまちがっている」は根本的な問題ですが、ここを見逃すと無駄な時間を費やしてしまいます。

 

友人の紹介や合コンなどは、もう年齢的にそぐわないですよね。たいがいの友人は結婚していますし、そのつながりとなると同年代です。紹介できるカードも、バツイチ子持ちなどの方が多くなってくるでしょう。個人の好みなのでそこは自由ですが、知人つながりではそもそも紹介してもらえる人も数人でしょう。

 

40代は最後のチャンスです。年に数人としか会えないのでは、遅い、遅すぎます。ここは婚活サービスの手を借りなければ手遅れになります。婚活サービスも、ライトなものから手厚いサポートのものまでタイプが分かれています。転勤族40代男性が選ぶべきは、専任コンサルタントがつく結婚相談所しかありません。

 

参考 政府の調査から婚活サービスの実態に迫る

【婚活の実態・データ編】結婚相談所とは?出会い系とは別もの?
婚活というと思い浮かぶのが「結婚情報サービス」。ですが、昔ながらの仲人や個人の結婚相談所、大手のマッチングサービス、ネットやアプリの出会い系などその内容はさまざま。そのちがいがわからないまま、やみくもに活動しても上手くいくものも上手くいきません。政府が行った調査から、正しく現状を知りましょう。

 

スマホのマッチングアプリやネットの婚活サイトでは、登録している女性は若めですがライバルの男も若い。20代、30代前半がうじゃうじゃしている中で、40代は年齢だけで足切りされます。デートまでこぎつけるのにも、テンポよく気の利いたメールのコミュニケーションが必要です。40代のセンスでは、なかなか相手にしてもらえないのが現実です。

 

結婚相談所では、本気度が高くなおかつ早く結婚したい女性が登録しています。また、最初の出会いも専任のコンサルタントが引き合わせるところまでサポートしてくれます。時間を無駄にすることなく、多くの女性と会えるのです。成婚率は考えているほど高くはないです。入会したから必ず理想の相手と結婚できる保証はありません。それでも、何もしないよりは確率は上がります。恋愛での自信がつくので、ほかでのチャンスも広がります。

 

後がない40代の転勤族、このまま行けば生涯独身です

結婚はいつでもできるが、子どもを持つなら…

結婚はいつでもできるが、子どもを持つなら…

そろそろ結婚したい男性
そろそろ結婚したい男性

このまま定年まで独りで転勤を続けるのは、何としても避けたい…。

わたゆき
わたゆき

今日が一番若い!がんばれ!

 

「若いですね」「まだまだイケますよ」なんて、お追従を真に受けてはや40代です。不都合な真実に目をそらしてここまで来たのなら、そろそろ現実を直視ししましょう。

 

周りの同年代はとっくに結婚し、子どもが大きくなり進学の関係で単身赴任を強いられる人も出てきているでしょう。仕事を終えて灯りのついていない家に帰るのは独身の人と同じでも、既婚者は週末ごとに帰る家族の待つ場所があります。

 

今は良くても、だんだんと健康面での不安も出てきます。具合が悪くなってから面倒をみてくれる人を探そうとしても、そう都合よく事は運びません。子どもを持つにも、今が最後のチャンスです。今すぐ動けば、次の転勤には妻を伴っていることも夢ではないです。

 

現時点では「ゼクシィ縁結びエージェント」が勢いアリ

 

2015年からスタートした、リクルートが運営する「ゼクシィ縁結びエージェント」が結婚相談所の顧客満足度調査で1番です。私の独身時代にはなかったサービスですが、結婚相談所のサポートの手厚さがありながら婚活サイトなみの料金の安さ、利用しやすさからみて今最も注目のサービスです。初期費用や成婚料もかからないというのが画期的です。

 

全国展開していて、紹介可能な会員は約23,400人も在籍しています。全国の主要な都市に店舗があるので、転勤を挟んでも理想の人と出会える確率は上がります。最近では大阪市もゼクシィ縁結びとコラボして婚活イベントを開催していますので、安心して活動できるというのは女性からしても利用しやすいです。

 

 ▼無料相談予約はコチラ▼
ゼクシィ縁結びエージェント

人気コンテンツ
誰にも知られず、2分で無料診断

自分の結婚能力はどれくらいか知っていますか?

あなたの魅力が伝わらないのは、自分のことを理解できていないから。業界最大手のオーネットで、婚活に足りない部分を診断しましょう。

今から婚活スタートすれば、半年後にはゴールインも夢じゃない!

40代
watabeyukieをフォローする
転勤族のための婚活レッスン