あなたの婚活偏差値はいくつ?婚活EQ診断でチェック

【転勤族30代前半男性】結婚適齢期だけに婚活ライバル多し!油断大敵

30代
この記事は約8分で読めます。

転勤族は結婚相手として不人気って知ってますか?

男が結婚を意識する30代前半は、婚活を始める人が多い頃。ライバルも多いだけに、戦略的に打って出なくては結果が出せなくなります。

転勤に婚活の足を引っ張られないよう、転勤族ならではの婚活を始めましょう。

\ぴったりのお相手を無料診断/
結婚に本気の人だけがいる婚活

男の30代前半で結婚を後回しにすると後悔する!

ライター仕事場

そろそろ結婚したい男性
そろそろ結婚したい男性

まだ結婚は早いかな~。

わたゆき
わたゆき

そう言ってるうちに、すぐに30後半になっちゃうよ?

独身男性の30代前半は、結婚する人が一番多い時期です。ですが、職場でも責任のある仕事を任されるようになり、男として脂ののってくる頃。職場でも中堅として頼りにされ、忙しさも20代の比ではないでしょう。

付き合っている彼女がいなくても、恋人探しをする時間も、気持ちの余裕もありません。加えて、転勤がちらついていては、腰を据えてお付き合いもできません。

そろそろ結婚したい男性
そろそろ結婚したい男性

確かに。今は忙しいし、男は結婚適齢期もないから取りあえず後回しにしよう…。

危ない! 30代前半の男が陥りがちな失敗パターンの考え方です。男も結婚適齢期はあります。いろいろなところで言及されていますが、あなたが転勤族ならそれだけ不利。ほかの人と同じスタートラインから婚活を始めては、しなくていい苦労をする羽目になります。

参考 男にも結婚適齢期は存在する!35歳の壁

男には結婚適齢期はない?35歳までがタイムリミットと焦る本当の理由
男には結婚適齢期がないと思っていませんか?焦らなくてもいつかは結婚できるとのんびりしていては手遅れになります。35歳が結婚のリミットと言われますが、結婚や子どもの誕生といった人生のイベントに照らし合わせると理由に納得できるでしょう。

男も35歳を過ぎると簡単には結婚しにくくなる

どこかに自分にぴったりの女性が待っている?

どこかに自分にぴったりの女性が待っている?

諸説ありますが、男でも35歳からは婚活市場で厳しい戦いになることは避けられません。自分と同い年くらいか年上女性を希望するなら、気にすることはないでしょう。ですが、大半の人は年下、可能ならば20代の女を狙いますよね。

20代の女にとって、30代後半の男はおじさんです。自分の若い時分を思い起こしても、女友達のなかでの価値観はシビアです。同い年、同じ学年、せいぜい2,3歳差くらいの彼氏が当たり前のなか、何を好き好んで30代も後半を選ぶでしょうか。彼氏同伴でみんなで集まることだってあります。一人だけだいぶん年上の男を彼氏と紹介したら何を言われるか…、若い子ほど考えてしまいます。結婚を前提としてならまだしも、恋愛の相手には30代後半をあえて選ぶ20代は少数派です。

それならば、と婚活市場に打って出ている20代女性を狙おうとしますよね。婚活をしている20代の女は、しっかりとした結婚観をもっています。結婚から出産、子どもの成人までのライフプランを見据えている人の方が多い気がしました。

だからこそ、選ぶ相手は年齢だけを重要視しません。友達に自慢できるかどうかということよりも、子どもができても経済的にやっていけるか、家事の分担はできるか、価値観は合うか…。本質的なところを大切にしています。つまり、本人に魅力があって子どもの成人まで心配ない経済力などがあればいいのです。

恋愛したい20代女 → 友達に紹介できる若さ・外見重視
結婚したい20代女 → 経済力・家事能力・価値観を重視

35歳以上の婚活は若さを補う経済力が求められる

将来のこといっしょに話そう

将来のこといっしょに話そう

そろそろ結婚したい男性
そろそろ結婚したい男性

やっぱりお金がある人が有利ってことか

わたゆき
わたゆき

いやいや、理由が分かればカバーできるよ。

逆を言えば、30代後半からは、年齢をカバーできる経済力がないと厳しいです。同じ収入なら、伸びしろのある若い男を選びますよね。子どものことや介護のことまで想像すれば、当然のことです。

さらに、転勤があるのならば、妻が正社員で働くことが難しくなります。育児も妻の実家に頼れません。お金がすべてではないですが、ワンオペになりがちな育児もお金でカバーできる面はあります。

35歳以上で婚活するとなると、若さの代わりに平均以上の収入がないと難しいのはこうした理由からです。女の立場から言わせてもらうと、決して贅沢がしたい方ということではありません。真面目に将来のことを考えた結果です。

転勤があると
・妻が正社員で働くにくい
・育児の負担が妻だけにいきやすい

だから、経済力や協力する姿勢でカバーを

マスコミでは、読む人、見る人にとってウケのいい言葉を並び立てます。そうでなければ、視聴率は取れないし雑誌は売れませんから。だから、30代後半どころか40代でも20代と結婚できるとか、若い子にオヤジがモテるとか定期的に持ち上げるように思えてなりません。20代が40代でも付き合っていいと思うのは、長谷川博己さんや井浦新さんレベルを想定しています。一般人が真に受けていけはケガをします。40代では遅いのです。

女性が言う結婚してもいい40代は芸能人レベル

参考 アラフォー独身男性が20代との一発逆転はあるか?

【独身アラフォー男の婚活】若い娘との一発逆転ホームランはあるか?
独身をこじらせると、一発逆転を狙いがちです。一回り以上若い女性と結婚するのは至難の業です。絶対にないことではありませんが、年齢にこだわっているうちにどんどん自分が歳をとっていく可能性の方が高いです。 理想があるのは悪いことでは...

30代前半で余裕だと思っていると40歳はすぐそこ

初対面の印象は大事!

初対面の印象は大事!

そろそろ結婚したい男性
そろそろ結婚したい男性

いざとなったら結婚相談所いけばいいんでしょ?

わたゆき
わたゆき

年齢が上がるほど、苦しい戦いになるんだって。

あなた、他人事だと思ってますね?

30代前半でのんびり構えていては、40歳なんてすぐそこ。35歳になってそろそろまずいなと思って、ようやく重い腰を上げて婚活を始めるとします。

忙しい仕事の合間をぬって、たまの休日に婚活パーティーに参加しては全滅。意気消沈しやる気を失って、数カ月。気を取り直して別の婚活サイトで再び活動を始めてみるものの、そこは若い会員が中心のところで30代後半が声をかけても見向きもされません。

がっかりしながらも、今度こそとサポートの手厚い結婚相談所へ登録。たくさんの女性会員を紹介され、デートしてみてもいまひとつピンとこない…。別の会員を紹介されても、前に会った女性の方が良かったと比べてしまい、決まるものも決まらない…。そうこうしているうちに、自分もさらに歳をとり条件は悪くなるばかり…。紹介される女性もだんだん年齢が上がってくる始末。

30代後半になって、焦って婚活を始める人が陥る「婚活地獄」です。5年も6年も婚活している人、実際にいます。私が昔婚活をしていたときも、いました。長く活動する人ほど、上手くいかない。決まる人は、入ってきたなと思うとパッと決まってあっという間にいなくなるのです。これは、婚活業界にいる誰に聞いても同意してもらえるでしょう。

婚活地獄にはまらないためには、30前半で婚活をスタートさせる。これに尽きます。30代前半で始めれば、「短期間」でなおかつ「費用をかけず」「若い女性と」結婚できます。

先に20代の女は30代とは付き合わないと言いましたが、最初から結婚を見据えてならアリです。友達に自慢する彼氏ではなく、いっしょに人生を歩む相手ですから若さや見た目より頼りがいを重視します。婚活市場にいる20代女性なら、十分チャンスがあります。ただし、30代でも「前半」のうちですよ。

20代女性を狙うのなら30代前半がギリ

婚活地獄にはまらないためにも30代前半でスタートを!

女性のいる場にでかけよう

自分に合ったサービスを

そろそろ結婚したい男性
そろそろ結婚したい男性

で、何を選べばいいわけ?

わたゆき
わたゆき

人によって変わるけど、30代前半ならマッチング型がバランスいいよ。

婚活には年代別に選ぶべき!30代前半はマッチング型がベスト

今の時代、スマホで済むお手軽なものから、担当者がマンツーマンでサポートしてくれるサービスまで様々な結婚サービスが出そろっています。大きく分けて3つ。上に行くほど、真剣な会員が多くサポートが手厚いです。ですが、その分費用も高額に。

1.仲人型
2.結婚相談所型
3.マッチングサービス型

ただ、年代に応じて活動しやすいタイプはあります。20代ならば、スマホやパソコンだけで完結する婚活サービスでも結果は出せるかもしれません。40代ならば敏腕の担当をつけてもらって、結婚相談所でゴリゴリやっていかなければ難しいでしょう。30代も前半なら、中間タイプのマッチング型がちょうどいいです。

基本はスマホやパソコンから好みの女性を探し、相手とコンタクトを取り交際につなげるという形式です。ただし、それだけでは終わらず、パーティーやデータマッチング、さらには担当からの紹介という出会いの手段があります。自分一人で活動するよりも無理なく活動できるのが魅力です。

参考 婚活サービスの概要を政府の調査で把握しておこう

【婚活の実態・データ編】結婚相談所とは?出会い系とは別もの?
婚活というと思い浮かぶのが「結婚情報サービス」。ですが、昔ながらの仲人や個人の結婚相談所、大手のマッチングサービス、ネットやアプリの出会い系などその内容はさまざま。そのちがいがわからないまま、やみくもに活動しても上手くいくものも上手くいきません。政府が行った調査から、正しく現状を知りましょう。

データマッチング型の企業も多数ありますが、転勤がある人ならば業界大手で全国展開し地方の会員数も多いところです。入会したときに住んでいた土地では、女性会員が多かったとしても、地方に転勤したら数人しかいなかったというのでは笑えません。本当は転勤前に結婚できるのが理想なんですがね。

転勤族は転勤後のことを考えて、会員数の多い大手を利用しよう。

参考 次の転勤までに結婚を決めよう!転勤族の婚活は短期決戦で

【次の転勤までに結婚する方法】結婚への不安をなくす出会いへの近道
転勤族は結婚しにくい!次の転勤までには、なんとか妻帯で動きたいと思っている人も多いのではないでしょうか。今まで上手くいかなかった人は、そもそものターゲティングがずれていたのかもしれません。現役転勤族の妻の立場から、転勤があっても結婚したくなる婚活のやり方を教えます。

私は慎重派なので、やはりおすすめするとなると業界最大手のオーネットです。実績があるし、安心感もちがいます。あなたの結婚力と、希望に合う女性会員がいるかどうかが分かる無料の診断があります。検討するかどうかは、診断結果を見てからでもかまいません。まずはお試しを。

・カンタン入力で結婚力がまるわかり
・パーソナリティ診断も
・希望の相手をお試しマッチング
・完全無料
・しつこい勧誘なし

婚活って何すればいいの編
\ぴったりのお相手を無料診断/
結婚に本気の人だけがいる婚活

自分でじっくり婚活サービス探したいなら、比較サービスも便利

先に紹介した婚活サービスは、大手が運営し本人確認もしっかしています。会員数も多いので、地方での活動にも支障はないでしょう。ただ、せっかく婚活をするのならば、自分の目で各サービスを比較して選びたいという人もいますよね。

そんな人にぴったりなのが、結婚サービスの資料を一括請求できるサイトです。無料で最大10社の比較ができます。結婚情報サービス各社の特徴も一覧でまとめてあります。時間のある人は、こちらで研究してから利用するのもいいですね。

↓1分の入力が1年後の未来を変える↓
ズバット結婚サービス比較

人気コンテンツ
誰にも知られず、2分で無料診断

自分の結婚能力はどれくらいか知っていますか?

あなたの魅力が伝わらないのは、自分のことを理解できていないから。業界最大手のオーネットで、婚活に足りない部分を診断しましょう。

今から婚活スタートすれば、半年後にはゴールインも夢じゃない!

30代
watabeyukieをフォローする
転勤族のための婚活レッスン