あなたの婚活偏差値はいくつ?婚活EQ診断でチェック

【転勤族30代後半男性】結婚は無理じゃないが厳しい婚活と覚悟を!

30代
この記事は約15分で読めます。

男は30代後半から…なんて思っていると手遅れになりますよ。

 

いざとなったら結婚相談所に行けばいいなんて思っていたら大間違い。男でも35歳を超えると、婚活市場でもどんどん人気が落ちていくばかりです。転勤があるならなおのこと!

 

今ならまだ間に合います。現状を知って、動き出しましょう。

 

 ▼無料相談予約はコチラ▼
ゼクシィ縁結びエージェント

まだまだ若いと思っていたらいつの間にか35歳

30代後半からはあっという間

30代後半からはあっという間

そろそろ結婚したい男性
そろそろ結婚したい男性

ちょっと前まで20代だったのに、え、まって…。

わたゆき
わたゆき

30代後半って、四捨五入したら40よ。怖い…。

 

目の前の仕事をこなし自己啓発にも心を砕き、自分なりに一生懸命生きてきた。休日は趣味や旅で気持ちを切り替えて、また翌日からの仕事に打ち込む。職場に独身の女性も少なく、気がついたら最後に女性と付き合ったのははるか前…。

 

そうは言っても、特に生活に不自由があるわけでもない。また次の転勤がそろそろありそうだし、結婚について考えるのはもう少し先でいいかな…。

 

ダメです、ダメです!
今の暮らしで困っている訳でもないから、結婚と言われても現実味もわかないし焦りもしないのはよく分かります。

 

ですが、いずれは結婚したいと少しでも思っているのならば、先延ばしにはいいことは一つもありません。20代なら、もう少し社会経験を積んでから、仕事が落ち着いてから、貯金ができてから…という考えも同意できます。同じことを30台後半になっても言っているようだったら、今まで何をしていたのかと思われます。

 

結婚や家族を支えるということを真面目に考えてのことかもしれません。結婚は自分だけでなく相手の人生も変えてしまいます。それだけに、人間のできた人ほど慎重になってしまう部分もあります。ただ、何事においてもそうですが、準備がすべて整って最善の状態で事を始められるのはまれです。たいがいは、何かしら足りなかったり、ベストの状態でなかったり。それでも一歩踏み出す。あとは走りながら調整するしかないんです。

 

この年まで独り身でいたのならば、もう準備の段階は終わり。婚活で足りないと思う条件があれば、あとは現状のままでほかで補えばいいのです。年収がもう少し上がってからの方が、女性からモテるかも…。などと思うかもしれません。30代後半ならば、もう若さの方を重要視した方が得策です。

 

 

参考 男にも結婚適齢期はある?35歳がリミット!

男には結婚適齢期はない?35歳までがタイムリミットと焦る本当の理由
男には結婚適齢期がないと思っていませんか?焦らなくてもいつかは結婚できるとのんびりしていては手遅れになります。35歳が結婚のリミットと言われますが、結婚や子どもの誕生といった人生のイベントに照らし合わせると理由に納得できるでしょう。

 

 

いつかは結婚できると婚活を先延ばしにした結果

何も変わらないつもりでも条件は日々悪くなる

そろそろ結婚したい男性
そろそろ結婚したい男性

いざとなったら、結婚相談所に駆け込めばなんとかなるでしょ?

わたゆき
わたゆき

それが、なんとかならないの。年齢が上がると決まるものも決まらないのよ。

 

男は出産も考えなくていいので、結婚はズルズルと先延ばしにしがちです。いざとなったら、結婚相談所にお金を積みさえすれば何とかなるんだろ、なんて甘い考えを持っていませんか。結婚相談所やお見合いでは、結婚したい人のお手伝いはしてくれます。効率よく、自分の生活圏にはいない人と出会えます。とは言え、相手あってのこと。自分がいいと思っても、お相手に断られることもままあります。

 

例えば、37歳でようやく結婚が気になって、婚活について調べ始めたとします。休日の空き時間にいろいろと研究し、登録、活動が本格化するまで半年かかったとします。プロフィール写真を撮ったり、経歴書を記入したり、書類を揃えたりという下準備もあるのです。やりとりする相手を見つけ、実際に会うまで数カ月。いいなと思える人が見つかるまでに半年。本格的に付き合ってみて、やはり合わないと断られ、最初に戻る…。

 

婚活で1,2年はあっという間に過ぎます。デートするにも、近くに住んでいる女性ならばいいのですが、隣県などでは週末にしか会えません。数回会うだけでも1,2カ月かかりますよね。また、自分の年齢が上がるほど、女性に対する目も厳しくなります。歴代付き合った人以上の女性を、となるからですね。

 

せっかく手間もお金もかけて婚活するのだから、自分史上一番素敵な女と結婚するぞと意気込むのはごもっともです。ただ、現実に目をやれば、自分は確実に歳をとっています。若いころに出会った女性も、結婚となると上手くいかなかったかもしれません。過去の基準を持ち出すのはやめましょう。

 

40代になってようやく重い腰を上げた人が、結婚相談所に無理難題を持ち込んでいるという話はよく聞きます。20代の女子アナみたいな人を希望しているとか。結婚相手は商品ではないのですから、自分の希望だけが通るはずもありません。

 

女の側からすれば、20代なら同じ20代の男を選びます。例外は、30代や40代でも若さを補う経済力や社会的立場がある男性。だって、同じ年の夫ならば育児や家事も協力できます。上の世代だと、男は家事や育児をしないのが当然という価値観の人もいます。さらには、交際期間を経て結婚し、子どもができたとして成人するころには夫となる人は何歳か…。

 

女も付き合う人と結婚相手を分けるのはそうした理由からです。今までかなり若い女性と付き合えていたのに、結婚となるとさっぱり上手くいかないという人は、女性心理を見直すべきです。

 

50歳までに結婚できなければ一生独りで生きていくことに

結婚はいつでもできるが、子どもを持つなら…

結婚はいつでもできるが、子どもを持つなら…

 

国勢調査によると、男の5人に1人は生涯独身です。5年ごとの数字を追っていくと、着実に未婚化が進行しています。少子化もありますし、世の流れとして未婚が増える傾向は変わらないと思います。

 

未婚化の進行

50歳時の未婚割合をみると、1970(昭和45)年は、男性1.7%、女性3.3%であった。その後、男性は一貫して上昇する一方、女性は1990(平成2)年まで横ばいであったが、以降上昇を続け、前回調査(2010(平成22)年国勢調査)では男性20.1%、女性10.6%、2015(平成27)年は男性23.4%、女性14.1%と、それぞれ上昇している。

2015年の国勢調査の結果に基づいて出された推計は、これまでの未婚化、晩婚化の流れが変わらなければ、今後も50歳時の未婚割合の上昇が続くことを予測している

(引用:内閣府 平成30年版 少子化社会対策白書

 

ちなみに「生涯未婚率」というのは、50歳で結婚していない人の割合です。要するに、50歳で結婚できていなければ、もう一生ムリですねと国が認定しているようなものです。これを初めて知ったとき、ぞっとしました。今の50歳は昔よりも若々しいです。この先何十年も人生が残っています。たった一人で過ごすには長すぎませんか。

 

(追記:生涯未婚率の年齢設定については見直しの動きがでているようです)

 

参考 独身男性なら他人事ではない「孤独死」を避けるために

孤独死はまったくの他人事?手遅れになる前に転勤族の独身男性は対策を!
自分の周りでいつの間にか独身男が減っていき、ちょっとさみしさを感じていませんか。社会問題にもなっている、「孤独死」も全くの他人事ではないかもしれないと不安を募らせているかもしれません。もし、転勤族ならば、独身のリスクは跳ね上がります。今できる対策をしておきましょう。

 

20代女性と結婚できると思っている? 婚活ライバルは20代男性

まずは打席に立とう

まずは打席に立とう

 

わざわざ婚活するのなら、ターゲットは20代女性。確かに、私が男でも取りあえずは若い女性に行きます。確率論は頭で分かっていても、気持ちが動かなければやる気もおきません。婚活は折れないメンタル維持も大事です。

 

ただ、せっかくの努力が徒労に終わらないためにも、頭に入れておいてください。

 

・20代女性の結婚は恋愛が多い
・婚活サービスを利用する20代女性は高い条件の男性を望む
・20代女性を狙うライバルは20代男性

 

婚活が一般的になったとはいえ、20代の女ならばあえてどこかに登録などしなくてもさほど苦労せずとも結婚できます。出会いの場も多いので、職場や友人、趣味の集まりに顔を出していれば同年代と顔を合わせることも多いです。自然とお付き合いから結婚という流れの方が一般的でしょう。

 

それなのに、あえて結婚相談所を利用する20代女性。自分の周りにいるようなレベルの男性では物足りないからです。となれば、相手に求める年収や勤務先、容姿や身長なども高いレベルで要求します。20代女性は売り手市場。だから、こぞって条件の良いライバルが押し寄せるのです。

 

20代男性や高収入男性と張り合う気があるのならば、がんばってください。あなたの年齢によっては20代後半の女性なら、まだまだ現実味があります。

 

 

 

 ▼無料相談予約はコチラ▼
ゼクシィ縁結びエージェント

30代後半まで独身は難あり?女性からはこう見られている

第一印象はずっと続く

若い子はシビアに見てる

 

そろそろ結婚したい男性
そろそろ結婚したい男性

30後半になってくると、遠巻きにされてる気がする…。

わたゆき
わたゆき

何か問題があるんじゃないかと、警戒はする人はいるね。

 

30代後半ともなると、男であっても婚活市場で結果が出にくくなります。これまで言ってきたように、年齢が上がるにつれて理想も上がること。20代男がライバルとなること。高い収入や社会的立場を求められることです。

 

女の側からしても、30代も後半になって独り身だと「何かあるのかな」とちょっと気になります。女性に興味がない?変わった性癖がある?性格が悪い?よほどのケチ? 外見や職業などに問題がなく、「結婚できそうなのに」という人ほど、うがった目で見られがちです。

 

昔、阿部寛さんが主演していた『結婚できない男』というドラマがありました。イケメンで高身長・高収入なのに、偏屈でおひとり様生活に慣れ過ぎて結婚できなくなっている男の物語でした。周囲からも何となく距離を置かれているという設定でしたよね。

 

就職後、長いこと自分のペースで好きなように暮らしていると、いつの間にか人に合わせるのが苦手になってきます。誰かに気を使って行動を制限されるのならば、結婚しなくてもいいやという思考回路に陥りがちです。個人的に「独身をこじらせる」と言っているのですが、40代になるとさらに進行します。今のうちです。

 

参考 そもそも一人ではなく二人でいる意味って?

転勤族こそ結婚しなきゃいけない?結婚しなくても生きていける時代…それでも
結婚するしないは個人の自由です。結婚していないからといって、一人前扱いされない昔とは時代が違います。料理が出来なくても外食で困らないし、家事も家電の進化で便利になりました。それでも、転勤族こそ結婚した方がよい理由があります。

 

さらに、「転勤」ありは結婚の大きなハンディ

転勤族と聞いてためらう女は多い

転勤族と聞いてためらう女は多い

 

30代後半の婚活の厳しさを語ってきましたが、さらなる大問題が「転勤」です。今まで結婚を考えたことがある人ならば、心当たりがあるのではないでしょうか。この先転勤の可能性があると告げたとたんに、相手に去られてしまう…。付き合うところまではいいですが、いざ結婚となると話は別とばかりに女性の顔色は変わります。女にとって、転勤族との結婚は悩みどころが多すぎるのです。

 

参考 【女性心理】転勤族と結婚するメリットとデメリットはこう見られている

【全国転勤のメリット・デメリット】転勤族の彼氏との結婚に迷うあなたへ
結婚を考える相手が転勤族だったら…。住み慣れた土地を離れて、親元も友達とも離れてやっていけるのか?今の仕事を辞めなくてはならないのか?転勤がある人との結婚は、悩みも多くなりますよね。現役転勤族の妻の立場から、転勤のメリットデメリットをありの

参考 転勤をハンデにせず武器にするには?

転勤が婚活でデメリット?相手によってはメリットにも武器にもなる!
転勤があるからモテないと思い込んでいませんか?転勤のことを伝えたら別れを切り出された人もいるでしょう。ですが、それは縁がなかっただけ。仕事と同様に、自分と会う女性についてマーケティングしましょう。次の転勤までの数年間のリミットは、真剣に結婚を考える女性からみるとメリットに変わります。自分がモテる分野を見付けることです。

 

婚活をする際に、転勤族だということを隠して活動した方がいいかという話題が定期的に上がってきます。現役転勤族の妻の立場から言うと、最初にはっきりさせて欲しいです。転勤アリと明らかにしたうえで、転勤もいいことあるよとメリットをアピールしていく。デメリットも隠さず伝えて、お相手にも考えさせる。

 

付き合ってから結婚の段階になってから急に転勤のことを言われても、無理な人は無理です。今まで費やした時間がお互いもったいないです。加えて、だまされたという不信感だけが残るでしょう。

 

転勤はイヤだと思っていても、流されて結婚したとします。結婚生活で何かあるたびに、「転勤があると最初から分かっていたら結婚しなかった…」とずっと言われることになりますよ。転勤自体にもマイナスイメージがついてまわります。

 

転勤族30代男性が婚活で一気に挽回するには?

転勤族の奥さん、職場結婚多いです。

転勤族の奥さん、職場結婚多いです。

そろそろ結婚したい男性
そろそろ結婚したい男性

30代後半、転勤ありって希望ないんじゃない?

わたゆき
わたゆき

いや、職場結婚できるなら丸く収まるよ。ダメなら婚活サービス一択。

一番スムーズなのは職場結婚

 

では、肝心な転勤族の30代後半男性が、婚活で結果を出すにはどうしたらよいかです。一番確実で、結婚後の生活も安泰なのは同じ職場の女性社員を捕まえること。なあんだとガッカリされそうですが、転勤の制度はもちろん、給料から社風まで理解しているのですから、転勤でもめようがありません。

 

転勤すると、妻が仕事を辞めなくてはならず再就職もままならないというのが転勤族の妻の共通の悩みです。ですが、同じ職場同士で結婚すると、転勤しても配偶者も近い勤務地に配属させる制度なども利用できます。相手がいて、気が合うのならば理想的です。周りの奥様方でも、職場結婚の人は不満も少なそうでした。

 

ご縁がなければ、合コンや友人の紹介よりも婚活サービス一択

 

職場結婚がベストと言っても、適当な相手がいないことも多いでしょう。また、職場ですから慎重に動かないとセクハラ扱いされトラブルになれば、その後の仕事人生に悪影響を及ぼします。

 

婚活サービスはそうした時代にマッチした事業を展開しています。手軽にスマホ1台で相手を探せる婚活サービスもありますが、気軽な出会い中心で若者メインです。時間を無駄にできない30代後半、しかも転勤族ならば手厚いフォローのある結婚相談所が結果的に早く結婚できます。

 

参考 政府の調査から、婚活市場をざっくり把握

【婚活の実態・データ編】結婚相談所とは?出会い系とは別もの?
婚活というと思い浮かぶのが「結婚情報サービス」。ですが、昔ながらの仲人や個人の結婚相談所、大手のマッチングサービス、ネットやアプリの出会い系などその内容はさまざま。そのちがいがわからないまま、やみくもに活動しても上手くいくものも上手くいきません。政府が行った調査から、正しく現状を知りましょう。

 

現時点では「ゼクシィ縁結びエージェント」が勢いアリ

 

2015年からスタートした、リクルートが運営する「ゼクシィ縁結びエージェント」が結婚相談所の顧客満足度調査で1番です。私のころはなかったサービスですが、サポートの手厚さと料金の安さ、利用しやすさからみて今最も注目のサービスです。初期費用や成婚料もかからないというのが画期的です。

 

全国展開していて、紹介可能な会員は約23,400人。母数が多ければ、理想の人と出会える確率は上がります。最近では大阪市もゼクシィ縁結びとコラボして婚活イベントを開催していますので、安心して活動できるのは女性からしても利用しやすいです。

 

 ▼無料相談予約はコチラ▼
ゼクシィ縁結びエージェント

 

「ゼクシィ縁結び」利用者の声

 

Tさん32歳 広島Sさん29歳 広島

彼女に初めて会うまでに、毎日たくさんメッセージのやりとりをしていました。共通の話題が多かったことと話しやすさで、メッセージだけでもすごく楽しくて、会う前の段階から、実際に会って良い人なら、是非付き合いたいなと思っていました。
実際に会った日は、見た目の印象、話し方、性格など1日一緒にいる中で、どんどん惹かれていくことを感じ、もっと一緒に過ごしたいと思い、告白しました。

 

Iさん34歳 東京都Uさん28歳 東京都

自分が相手に求めるもの、例えば住んでる場所や休日などから絞り込んで相手を探せて、とても効率的に出会えるなと思いました。またゼクシィ縁結びを通して出会う人は、結婚に前向きな方が多く、安心感もありました。

Tさん31歳 愛知県Mさん25歳 愛知県

第一印象やプロフィールに魅力を感じ、僕から「いいね」を送りました。最初は緊張しましたが、とても話しやすくて一緒にいて安心できる人だと思いました。電話でお話をしたときに、どこに住んでいるのかを尋ねてみたところ、現住所がびっくりするぐらい近いことが分かりました。それをきっかけにその翌日に夕食にお誘いし、また逢いたいと思ったことから、その翌日もお誘いし、一緒に夕食に行って少しドライブデートをした後に僕から「付き合って下さい」と申し出て、交際がスタート。
そこからはトントン拍子で進み、出会って半年後に入籍しました。

 

(引用 ゼクシィ縁結び公式サイトより)

 

自分で納得して選びたい人は比較サービスを

 

個人的には先に挙げたような大手で実績のある婚活サービスが安心して活動できると思います。ただ、自分の目で各サービスを比較して納得ずくで選びたい人もいますよね。

 

そんな人に利用して欲しいのが、結婚サービスの資料を一括請求できるサイトです。無料で最大10社の比較ができます。結婚情報サービス各社の特徴も一覧でまとめてあります。

 

↓1分の入力が1年後の未来を変える↓
ズバット結婚サービス比較

結婚相談所を利用するとき一番大事な心構え

結婚するという強い意志が決め手

結婚するという強い意志が決め手

 

何にしても婚活は長引かせないこと。これに尽きます。

 

婚活は短期決戦で! 長引かせると負のループにはまる

 

30代後半ともなると、1年ごとに結婚の可能性はぐんぐん下がっていきます。市場価値が下がるのに、自分の理想は上がるばかり。この人がダメでも次に行けばいいやと、ズルズルと活動期間ばかりが伸びていく人が一定数います。いい人ほど、とんとん拍子で決まって一抜けしていきます。婚活の負のスパイラルにはまらないようにだけ気をつけてください。

 

婚活サービスの企業側は、会員が在籍すればするほど入ってくるものもありますが、こちらにしてはいいコトはありません。どこの婚活サービスを選ぶにしても、自分から能動的に動いてトコトン使い尽くすつもりで使うこと。そこを忘れなければ、婚活サービスは力強い味方になってくれますよ。

 

繰り返しますが、自分の中で活動期間に期限を決めて、短期決戦で動くこと。
健闘を祈ります!

 

 ▼無料相談予約はコチラ▼
ゼクシィ縁結びエージェント

人気コンテンツ
誰にも知られず、2分で無料診断

自分の結婚能力はどれくらいか知っていますか?

あなたの魅力が伝わらないのは、自分のことを理解できていないから。業界最大手のオーネットで、婚活に足りない部分を診断しましょう。

今から婚活スタートすれば、半年後にはゴールインも夢じゃない!

30代
watabeyukieをフォローする
転勤族のための婚活レッスン