あなたの婚活偏差値はいくつ?婚活EQ診断でチェック

【独身アラフォー男の婚活】若い娘との一発逆転ホームランはあるか?

付き合っているだけなら気楽だけれど30代
付き合っているだけなら気楽だけれど
この記事は約8分で読めます。

独身をこじらせると、一発逆転を狙いがちです。一回り以上若い女性と結婚するのは至難の業です。絶対にないことではありませんが、年齢にこだわっているうちにどんどん自分が歳をとっていく可能性の方が高いです。

 

理想があるのは悪いことではありませんが、何のために結婚したいのか分からなくなっていませんか? 結婚は誰かを見返すためにするものではないのです。

 

普通の幸せをバカにしないで、家族のために生きるよろこびにも目を向けてみませんか。

 

 

\ぴったりのお相手を無料診断/
結婚に本気の人だけがいる婚活

男は結婚適齢期がはっきりしていないのでのんびり構えがち

ライター仕事場

そろそろ結婚したい男性
そろそろ結婚したい男性

気がついたら周りに独身自分だけ!

わたゆき
わたゆき

焦ることはないけど、高齢になるほど結婚は遠のくよ

 

男は女よりも、結婚について真剣に考える時期は遅いです。いわゆる結婚適齢期というものも、女ほどは定まっていませんし、出産のリミットもないためにのんびりと構えがちです。

 

参考 男の結婚適齢期は35歳が定説!

男には結婚適齢期はない?35歳までがタイムリミットと焦る本当の理由
男には結婚適齢期がないと思っていませんか?焦らなくてもいつかは結婚できるとのんびりしていては手遅れになります。35歳が結婚のリミットと言われますが、結婚や子どもの誕生といった人生のイベントに照らし合わせると理由に納得できるでしょう。

 

30くらいからは仕事も覚え、責任のある業務を任されるようにもなってきます。付き合っている彼女がいるとしても、結婚はまだまだ先と現実感もないでしょう。

 

プライベートもそれなりに充実し、全てにおいて自分のことを最優先にできる生活は勝手気ままで快適です。彼女が結婚をせかし出したりすれば、煩わしさが勝ります。お互いの気持ちのズレを感じて、別れてしまうのも30歳前後でよくあることです。

 

それでも特に困ったこともないし、わざわざ自分から必死になって結婚のために何かしようとは思わないのです。そうしてズルズルと歳だけが積み重なっていき、気が付けばアラフォー。ここ数年は交際相手もいません。

 

自分の周りに独身男が減っていき、同僚や同級生の子どもが大きくなっていることを知り、ようやく焦りだすのです。

 

アラフォー男は良くも悪くも少年の心のまま

ポジティブにいこう!

ポジティブなのはいいけれど

 

そろそろ結婚したい男性
そろそろ結婚したい男性

女の子が「若く見える」って言ってくれるよ。

わたゆき
わたゆき

でも、つきあえるかというと別。

 

職場やまわりの女の子と話しても、「若く見えますね」とか、「気持ちが若い」なんて言われるので、自分はまだまだイケると自信すらもっていたのではありませんか。

 

残酷なことを言うようですが、女が他人に対して言う言葉は事実ではなく「相手を喜ばせる言葉」です。気の置けない友人なら別ですが、相手が仕事関係の人で明らかに年上ならば確実です。

 

参考 女心を知ることで婚活は有利になる

女心が分からないから結婚できない?風当たりが強い女性こそ強がることも
結婚しようと思っても、まず女心が分からない。結婚できないのは女性心理を理解できていないせいかもしれません。女性が結婚相手に求めているのは、収入や容姿ではありません。積極的に女性に向き合う姿勢は、男性を魅力的に見せます。収入や容姿は簡単には変えられませんが、性格は変えられます。ポジティブさを身につけましょう。

 

「自分より若い20代の子と話す方が、話が合って気分よく話せる」

 

ときどきこんなことを言う人もいますが、若い人が気を使って話を合わせているのがホントのところではないでしょうか。相手が目上の人だから、気持ちよく話せるように合わせてくれているのです。嘘だと思うなら、話が合うと思った相手を個人的にデートにでも誘ってみればいいのです。やんわりとお断りされるはずです。

 

家庭を持たず独り気ままに生きていれば、それは気も若くいられるかもしれません。純粋なままで年を重ねたのかもしれません。女性が好きな男性の特徴としている「少年の心を持った人」があります。俗世間に毒されず、それはそれで素敵です。ですが、ピュアともいえますが、裏返せばいつまでも「子どもっぽい」ということにもつながるのです。

 

気が若い = 子どもっぽい

 

結婚で一発逆転という考え方、さみしくないですか?

女性が求めるのは?

結婚は勝ち負けじゃない

 

そろそろ結婚したい男性
そろそろ結婚したい男性

まわりの既婚者には負けたくない!

わたゆき
わたゆき

結婚に勝ち負け持ち出さない方が幸せになれるよ。

 

30代くらいまでは、独り身でいても何の問題もなかったかもしれません。むしろ、20代のうちから結婚し、子どもの世話をさせられ、奥さんからおこづかいをもらう生活の様子などを、既婚者から聞いて小馬鹿にしていたかも知れません。結婚相手のことも、ごく平凡な女だったら「自分ならもっと若くて美人と結婚できる」と根拠のない優越感をもっていたかもしれません。

 

普通の容姿の一般的な会社員の相手と結婚し、普通の出来のこどもを授かる。…そんな平凡な人生はダサい。
自分なら、タレントのような美人か若くて金持ちのコと結婚できる。自分の周りの平凡な夫婦を、一発逆転ホームランで見返してやる。

 

女でも、同じ考え方にはまってしまう人がいます。

 

ここまで独身だったんだから、友だちの誰よりもイケメンのお金持ちと結婚しなきゃ。

 

見ていると、だいだい自分のエゴばかりが肥大していって、上手くいくものも上手くいきません。で、顔つきもどんどん険しくなってくる…。そんな人、ちょっと悲しいですよね。

 

他人を見返すためだけ、の結婚は上手くいかない。

普通の幸せは人生を彩る

人生を共に助け合うパートナー

人生を共に助け合うパートナー

そろそろ結婚したい男性
そろそろ結婚したい男性

ふつうの家庭ってなんかなぁ。

わたゆき
わたゆき

「普通の幸せ」って実はすごいんだよ。

 

若いうちは「普通」の偉大さって気が付けないんですよね。マンガのサザエさん、クレヨンしんちゃん。ごくごく普通の家族のようでいて、意外と手に入れるのは困難な幸せ。大人になりにつれて、青い鳥ってそういうことなんだと気が付きます。

 

参考 そもそも、結婚って何のためにするの?

転勤族こそ結婚しなきゃいけない?結婚しなくても生きていける時代…それでも
結婚するしないは個人の自由です。結婚していないからといって、一人前扱いされない昔とは時代が違います。料理が出来なくても外食で困らないし、家事も家電の進化で便利になりました。それでも、転勤族こそ結婚した方がよい理由があります。

 

普通の幸せって、強力です。なおかつ、持続性がものすごいです。

 

朝起きて、目を覚ますとにっこりと笑顔で抱き着いてくる家族がいる。

ごはんを食べて、おいしくてもまずくても同意してくれる相手がいる。

家に帰ると、妻や子が玄関先に飛び出してくる。

子どもが大きくなるごとに、行事や新しい出来事がある。

 

言葉にすると陳腐ですが、毎日同じことの繰り返しだった暮らしが豊かに彩られます。自分一人では到底がんばれないことも、家族のためなら張り合いもでます。自分が年をとっても、子どもがいればその分子どもが成長します。老いることがそれほど怖くなくなります。

 

それに対して、ずっと独り身のままでいればどうなるか。仕事と家の往復で、何のために生きているのか分からなくなる人もいます。あれほど夢中だった趣味にも、興味が薄れていくのです。趣味に生きるはずだった人で、後悔する人も少なくありません。

 

参考 独身のまま年をとるととどうなる?

孤独死はまったくの他人事?手遅れになる前に転勤族の独身男性は対策を!
自分の周りでいつの間にか独身男が減っていき、ちょっとさみしさを感じていませんか。社会問題にもなっている、「孤独死」も全くの他人事ではないかもしれないと不安を募らせているかもしれません。もし、転勤族ならば、独身のリスクは跳ね上がります。今できる対策をしておきましょう。

 

1人より家族をもった方が「濃い」人生を送れる

結婚っていいですよ

結婚っていいですよ

 

そろそろ結婚したい男性
そろそろ結婚したい男性

今さら婚活ってカッコ悪い…。

わたゆき
わたゆき

自分から目的に向かって動く人はいい感じよ。

 

いまさら、自分からあれこれ結婚するために動くのなんてカッコ悪いと思うかもしれません。でも、今更見栄や体裁を気にしていたら、結婚なんてできません。

 

そもそも、見栄や体裁が、具体的にあなたのために何かしてくれますか?

 

参考 「婚活」が恥ずかしいって思っていませんか?

婚活はイメージ悪い・恥ずかしいって思っていませんか?…それって誤解かも
結婚はしたいけれど、わざわざ婚活するのは必死過ぎてカッコ悪いと思っていませんか? 婚活するのはモテないからではなく、本気で結婚したいから。恋人がいても、結婚相手としてふさわしいかどうかは別物。付き合っている相手だって、結婚はまだまだ先でいいと思っていたら上手くいきませんよね。結婚の意志がある人と出会えるのも、婚活のメリットです。

 

欲しいものは自分から動いて手に入れないと。そこまでの努力をする気持ちがないのならば、結婚しない方が幸せかもしれません。結婚生活も、穏やかなときばかりではありません。流されるだけの夫ならば、何かあったときにすぐに壊れてしまいます。

 

結婚だけが幸せの道ではないです。仕事一筋の人生だってありです。家族をもつことだけが幸せの正解ではないですが、自ら結婚への道をふさいでしまうのは心底もったいないと思います。

 

これから一生、自分のためだけの人生でいいんですか?

 

 

まずは動くこと。できれば、結婚願望のある女性が数多くいる場所で、具体的に活動すること。対象となる女性が多いほど、あなたと結婚したいという人も増えます。頼りがいのある年上がいいという若い女性もいるかもしれません。踏み出さなければ、何も変わりません。

 

 

\ぴったりのお相手を無料診断/
結婚に本気の人だけがいる婚活

 

 

参考 できるだけ早く結婚したいのならば…

【次の転勤までに結婚する方法】結婚への不安をなくす出会いへの近道
転勤族は結婚しにくい!次の転勤までには、なんとか妻帯で動きたいと思っている人も多いのではないでしょうか。今まで上手くいかなかった人は、そもそものターゲティングがずれていたのかもしれません。現役転勤族の妻の立場から、転勤があっても結婚したくなる婚活のやり方を教えます。