出会いがないから結婚できない?いやいや…出会いは自分でつくらなきゃ!

まずは打席に立とう 現状を知る

 

そろそろ結婚したい男性
そろそろ結婚したい男性

30歳までには自然に結婚できると思ってた…。

 

わたゆき
わたゆき

まわりがお膳立てしてくれる時代は終わったの。
自分から動かなきゃ!

 

今の時代は30代前半の男性の2人に1人しか結婚できていません。
30代後半になっても、既婚者は3人に2人です。
残る1人になりたくはありませんよね。
だったら、今すぐ行動するしかありません。
何も結婚相談サービスだけが手段じゃありません。
時間とお金と難易度の兼ね合いもあります。
まずはできそうなものから試したらいいんです。
上手くいかなかったら次!
そのやり方が合わなかっただけです。
最後に結婚出来たもの勝ちです。

 

昔はお見合いや社内結婚というシステムがありました。
そのため自分からガツガツ動かなくても、適齢期には周りから外堀を埋められて次々と結婚させられていたのです。

 

自由に自分で相手を探して、恋愛の末に結婚するのとどちらが幸せかは当人たちにしかあずかり知らぬところです。恋愛感情が盛り上がって結婚式がピークで、あとは気持ちは冷めていく一方の恋愛結婚よりもお見合いの方が結婚生活の満足度が高いという話を聞いたことがあります。
その話は別記事でするとして、出会いの方法についてご紹介します。

 

 

▼ まずは「結婚力」試してみる?▼「楽天オーネット」オンライン無料診断はこちら! 

会社と家の往復だけで出会いはありましたか?

行動しなければ独身のまま

行動しなければ独身のまま

 

そろそろ結婚したい男性
そろそろ結婚したい男性

家と会社の往復で出会いなんてないよ

わたゆき
わたゆき

それで年をとったら
ますます出会いなんてなくなるよ

 

今はただ待っていても結婚はできません。
自然な出会いで、素敵な女性と付き合って告白されて…。
ないない。
女性だって、白馬の王子さまは待っていてもやって来やしないと気付いています。
自分が望むような結婚をしたければ、女性でも男性でも自分から積極的に出会いの場を求めていくしかないのです。

 

考えてもみてください。
この1年間を振り返って、会社と家の往復だけで結婚対象になりそうな人と出会えましたか。
転勤族ならなおさらです。
見知らぬ土地に住むならば、何もしなければ知り合いはゼロのまま。
反対に、自分から新しい世界に飛び込んでいけば、開拓する余地は無限にあります。
これが、生まれた時からずっと同じ土地で暮らしているのならば、周りは何かしらでつながっている人ばかり。
女性を誘って振られたりしたら、皆のうわさになるのではないかと気になって見動きが取れないかもしれません。
マイナス要素と思われがちが転勤も、未来の伴侶を探すには願ってもないチャンスかもしれません。

 

結婚相手を見つけるためには異性と会う機会を増やす

どこかに自分にぴったりの女性が待っている?

どこかに自分にぴったりの女性が待っている?

 

そろそろ結婚したい男性
そろそろ結婚したい男性

いつかは俺の良さがわかる美女が…。

わたゆき
わたゆき

出会いの場に行かなきゃ
良さも分かってもらえません。

 

交際相手がいない男女が口にしがちな「出会いがない」という言葉。
確かにそうです。
職場にいるのは年配の女性ばかり。
僅かに存在する若い女性はちゃっかりと学生時代からの彼氏と結婚している既婚者。
得意先にいたってはむさくるしい男ばかり。

 

社会人だから仕事ばかりしている訳ではないだろうと言われそうですが、このご時世、長時間労働も当たり前。
私も残業が当たり前の職場。
イベント制作の仕事をしていたため休日祝日も仕事という状況でした。
休みが合わないから友人との付き合いも縁遠くなる始末。
たまの休みは平日の疲れが出てアクティブに動く気力もなくなります。

 

分かり過ぎるほど共感できます。
でも、ここを乗り切れるかどうかが生涯未婚となるかどうかの分かれ目です。
結婚相手を見つけるためには、第一に人と会うこと。
異性と会う機会を増やさないことにはお話になりません。

 

とにかくたくさんの女性と会うことです。
自分を安売りしたくない、いつか自分の良さを分かってくれる女性が現れる。
そう思うのは自由です。
でも、マーケティングに置き換えて考えてください。
いくら商品自体が素晴らしくても、存在を知られなければこの世にないのと同じこと。
だから、広く存在を知ってもらうために、CMやあらゆるメディアに乗っけるんです。
あなたという人物がいくら素晴らしくても、その存在を見付けてもらわないと。
がけっぷちになってから慌てて婚活の場に船出しても、古びた船では難破します。
少しでも早く、出会いの場を増やすべく動きましょう。

 

女性に声をかけなくてもいい!まずは出会いの場に身を置こう

イベントにも顔を出そう

イベントにも顔を出そう

 

そろそろ結婚したい男性
そろそろ結婚したい男性

女性に声をかけるの苦手…

わたゆき
わたゆき

じゃあ、まずは
女性のいる場に身を置くこと

 

とは言え、いきなりナンパしろ、結婚相談所に入れなんて言われてもまず無理です。
自分を受け入れてくれるかどうか分からない女性に声をかけて、断られるのは嫌ですよね。
しかも、一度ではなく相手が縦に首を振ってくれるまで何度も繰り返さなければならないなんて。
男のプライドはズタズタです。

 

婚活を始めるとしても、最初からガツガツ行ける人は少数派です。
肩慣らしとして、独身女性が多い場所に身を置くことに慣れましょう。
話題のお店でもいいですし、恋愛要素のまったくない趣味の集まりでもかまいません。
共通の趣味の集まりならば、最初から話題にも困らないはずです。
こちらから女性に声をかけるのは気が引けるなら、その場で仲良くなった第三者を介して距離を縮めるという手もあります。

 

結婚サービスとはちがい、結婚相手を探すことが目的の場ではありません。
場の雰囲気をみださないように、あまり早急に事を運ばない方が成功しやすいです。
会社と家の往復よりは、独身女性がいる場に出かけるだけでチャンスは広がっています。
積極的な女性ならば、あちらからアプローチしてくることだってあります。
女性慣れしていない人ならばなおのこと。
場数を踏んで経験値を上げるために、さまざまな出会いの場所に挑みましょう。

 

例えばこんな、出会いを広げるスポットが

スポーツイベントも楽しい

スポーツイベントも楽しい

 

 

そろそろ結婚したい男性
そろそろ結婚したい男性

かといって、婚活サービスはちょっと…

 

わたゆき
わたゆき

いやいや、
日常の延長でも出会いはあるよ

・行きつけのお店

まずは、馴染みのお店をもちましょう。
マスターと仲良くなりプライベートな話までできるようになればチャンスです。
話し好きで世話好きのマスターならばベストです。
正直に結婚相手を探していることを伝えておけば、イベントの時などにほかの常連客を紹介してくれるでしょう。
欠点としては、振られたときに気まずいということがあります。
紹介してもらったお礼はきちんとして、次に期待しましょう。

 

・ボランティア活動

なにも、本格的なものでなくていいんです。
毎週決まった時間に集まって、役割を決められて…。
そんな本格的なボランティアは引退後に取っておきましょう。
出会いを広げるためのボランティア活動は、仕事をしながらでも気軽に参加できるものに限ります。
イベントなどのお手伝いが個人的にはおすすめです。
今住んでいるところには、市民団体で運営している観光イベントがあります。
年に数回行われているのですが、企画や準備、本番のスタッフとしてなど数カ月にわたって活動があります。
何度も顔を合わせて、共通の目的に向かって作業をすれば自然と距離も縮まります。なにより、誰かのために何かをしようと集まっている女性です。
人柄も、悪い人はいないと思いませんか。

 

・スポーツの大会

うちの夫の場合は各地のマラソン大会に参加しています。
大会にもよりますが、グループ参加でもいいですし、1人参加でも気後れすることなく楽しめます。
妙齢の女性も、友だち同士やソロ参加とも見かけます。

参加してみると分かるのですが、実際にスタートするまでの時間もけっこうあります。
シャトルバスの乗り場や、手荷物預かり場所が分からないなんてこともしばしば。
近くの人に聞くなんてことも、自然な流れであります。
もし好みの女性ならば、そのまま準備体操をいっしょにするなんてことも。
ゴール後も、結果報告という名目で話しかけられます。
屋台的な食事メニューもありますし、ゼッケンナンバーでのビンゴまでも時間はたっぷりあります。

次に参加する大会を聞き出せば、その流れで連絡先を聞いたりもできるはず。
なにより、スポーツで汗を流しているあなたは爽やかに映っています。
共通の趣味もあります。
個人的には、一番期待できる場だと思います。

・セミナーや勉強会

学ぶテーマは何でも構いませんが、自分で興味のあるものにしましょう。
もし、独身女性や好みの女性がいなくてもがっかりしないためです。

毎週定期的に同じメンバーが集まるので、しだいに顔見知りとなります。
休み時間や終了後に、分からない部分や次回のことについて聞いてみましょう。
セミナーや勉強会の会期が終わったら、打ち上げがある場合も。
連絡先など聞き出して次につなげてください。
もし手ごたえがなくても、学んだことはスキルアップにつながるはずです。

 

会社と家のほかに「第三の場所」をつくろう

まずは打席に立とう

まずは打席に立とう

 

先に挙げたようなスポットはならば、いかにも「婚活」というものではありません。次の転勤までの2年で結婚したいとあせっている短期決戦派には向かないかもしれません。ですが、何事においても出来ることから段階的に進めていくことは大事です。どれか試してみて、自信ちょっとでも出たならもっと活動の場をレベルアップしてもいいのです。

 

まずは行動すること!動かなくては何も始まりません。

 

 

  ▼ まずは「結婚力」試してみる?▼「楽天オーネット」オンライン無料診断はこちら! 

 

参考 並行して見た目にもワンランクUPさせよう!

外見が全てじゃない!ですが婚活の場は見た目で無理と思われたら試合終了
内面で勝負したい気持ちはごもっとも。だからこそ、中身を見てもらうため、次へとつなげていくための入り口として必要最低限の身だしなみが欠かせないのです。何も、高価なファッションである必要はありません。年齢に応じた、こざっぱりとしたジャストフィットの洋服を選ぶだけのことです。奇をてらわず、場になじむような普通の服で良いのです。
女性は男性のココを見る!セルプロデュースで外見・印象は変えられる
第一印象は大事といわれますが、実際女性は男性のどこを見ているのでしょうか?漠然としていてつかみどころのない「清潔感」についても、対策を具体的にまとめています。身づくろいはお金をかけずに自分でもできます。人生を大きく左右するかもしれない出会いに、最善の姿で挑みましょう。

 

参考 自分の「結婚観」もかためておこう

結婚で譲れない条件とは?自分を知ることで相手への希望を明確にしよう
どんな相手と結婚したいか。あなたの中に明確な結婚のイメージが固まっていますか?事が結婚となると、子どものことや働き方、実家とのかかわり方をなおざりにすることはできません。敵を知り、己を知れば百選危うからず。今の自分を客観的に分析しておくことは、婚活を行う上で大切な指針となります。

 

参考 婚活をレベルアップするなら…

【次の転勤までに結婚する方法】結婚への不安をなくす出会いへの近道
転勤族は結婚しにくい!次の転勤までには、なんとか妻帯で動きたいと思っている人も多いのではないでしょうか。今まで上手くいかなかった人は、そもそものターゲティングがずれていたのかもしれません。現役転勤族の妻の立場から、転勤があっても結婚したくなる婚活のやり方を教えます。