転勤が婚活でデメリット?相手によってはメリットにも武器にもなる!

女性も結婚したがっている人がいる! 現状を知る

転勤があるとなかなか結婚できないと思いこんでいませんか?
ターゲットをまちがえていれば、確かに婚活では不利かも知れません。

ですが、相手選びさえまちがえなければ、転勤が婚活のメリットにさえなります。
現役転勤族の妻が、転勤でゆれる女心の裏側を教えます。

 

 

▼ 業界最大手で安心な婚活をするなら ▼「楽天オーネット」オンライン無料診断はこちら! 

転勤があるとモテないと思い込んでいませんか?

 

そろそろ結婚したい男性
そろそろ結婚したい男性

転勤があると、結婚相手として見てもらえない…。

 

わたゆき
わたゆき

そもそも選ぶ相手をまちがえてない?

 

転勤族はモテないという都市伝説。半分は当たっていますが、半分はハズレです。まだ結婚を具体的に考えられない女や地元志向の女ばかりを相手にしていたならば、遅かれ早かれ破局するでしょう。

 

付き合っている途中でいきなり遠方に赴任となり、遠距離恋愛をせざるを得なくなるならば別れを選ぶ女は一定数いるでしょう。現実問題、物理的な距離が離れれば気持ちは離れてしまいます。

 

とりわけ、寂しがりやの女の場合は必要なときに側にいてくれない彼よりも、近くでやさしくしてくれる人に気持ちが傾いてしまいます。転勤で別れ話が出るようならば、そこまでの縁です。すっぱりあきらめて次へ行きましょう。

 

ですが、選ぶ相手さえまちがえなければ、転勤族はモテます。引く手あまたです。

 

転勤族が選ぶべき相手とは、強く結婚したいと望んでいる女です。「いい人がいたら付き合ってもいいかな」ぐらいの気持ちではなく、「今年中に絶対結婚する!」といった人です。
転勤族はその土地にいる期間が限られているからこそ、真剣に結婚を考える女にモテるのです。

 

デメリットのはずの転勤が婚活の武器になる

リミットがある転勤だからこそ!

リミットがある転勤だからこそ!

 

そろそろ結婚したい男性
そろそろ結婚したい男性

転勤が婚活のメリットになることなんてある?

 

わたゆき
わたゆき

次の転勤までに「答え」がでるのは大きなメリット!

 

転勤が武器になるパターンとはどういうものでしょう。それは、短期間で結婚したい女性とお付き合いする場合です。
女性には出産や子育てのことを考えると、逆算して結婚のリミットまで考えています。

 

妊娠や赤ちゃんへの影響は、女性に限ったことではありません。
男性の方にも要因があることが判明しつつあります。
子どもを望む賢明な女性は高齢男性を避けるようになってきています。
男だから…と油断していると、ちょっと危ないかもしれませんよ。https://www.nhk.or.jp/gendai/articles/4184/

 

そうなると、女としては付き合っていても何となく結婚を先延ばしにダラダラする男の態度にヤキモキしてしまいます。出産のことを考えなくてもいいのならば、それでもいいかもしれません。ですが、結婚の大きな目的の一つは子どもを持つことでしょう。

 

女子会や女同士のおしゃべりの話題の定番は、何と言っても恋愛話。付き合っている彼との現状報告は常に話題に上ってきます。不思議なことに、どこのカップルも適齢期の彼女の悩みはいっしょ。「彼がプロポーズをしてくれないこと」です。

 

長年付き合っている彼が、結婚を言い出さない。
真剣に結婚を考えてもらうには、どうすればいいか?
ダラダラ付き合うのはもううんざり!

 

女たちの悩みは共通しています。
付き合っていて、お互い気持ちも通じているはずなのに結婚を切り出さない。結果も出さずに、このままズルズル付き合って若さを無駄にするだけにならないか…。

 

この言い方だと、恋愛自体が無駄のように聞こえるかもしれません。ですが、高校生同士のお付き合いならいいんです。20代後半やアラサーのお付き合いなら、先のことを考えますよね。何年も付き合って、結局別れることになり気がついたら30後半なんて目も当てられません。

 

男だって、結婚するとなったら若い人を選びますよね。だから、適齢期のお付き合いはダラダラされるのは困るのです。ちょっと昔のお見合いでは、お付き合いするのも3カ月までと相場が決まっていました。引き延ばして相手の貴重な時間を奪うのは失礼という意味からです。自由な恋愛でも、このへんの考え方は少し見習ってもいいんじゃないかな。女の側からは思ってしまいます。

 

相手が転勤族ならどうでしょう。加えて、相手も結婚したいと思っている。要するに、あなたです。

 

結婚したい女の側からすれば、願ってもない相手です。次の転勤までにきっちり答えを出してくれるのならば、時間を無駄にすることはないのですから。また、ずっと地元にいた女ならば、知人友人関係のつてで婚活すれば上手くいかなかったときに気まずい思いをするかもしれません。転勤でよそから来ている人ならば、その点の心配もありません。

 

結婚は男の責任が重いだけに悩みも深い

女性も結婚したがっている人がいる!

女性も結婚したがっている人がいる!

 

 

そろそろ結婚したい男性
そろそろ結婚したい男性

真面目に考えるほど、結婚って責任が重いよ。

わたゆき
わたゆき

ちゃんとしてる人ほど、考えるから悩むよね。

 

ただ、これは、男性の側に立ってみると気持ちが分からないでもないです。結婚ともなれば、男としての責任が重く肩にのしかかってきます。正社員だったとしても、20代、30代では激務の割には年収が多くはないでしょう。妻と子を養っていけるかという不安がよぎるのも無理もありません。

 

今どきは少数派ですが、結婚したら家に入りたいという女性も若い世代で増えています。専業主婦願望丸出しで、全て夫の収入に頼ろうという女性はちょっと怖いですよね。結婚に二の足を踏みたくもなります。

 

かといって、自分の年収以上にバリバリ稼がれては男のメンツにかかわります。社会的地位が高い職業についている女性も、できれば敬遠したいでしょう。男が引っ張っていきたいけれども、今の社会の実情では自分一人の稼ぎではちょっと心配なところもある…。

 

独身のうちならば、どんなに趣味やコレクションにお金をつぎ込んだとしても自由です。結婚したならば、日本では妻が財布のひもを握る家庭が多くなります。そうだとすれば、お小遣いのなかでしか自分の好きにはお金も自由になりません。

 

仕事だって、親世代のように終身雇用の時代ではありません。年功序列の時代のように、まじめに勤めていれば給与が上がっていく時代は終わりました。何歳で課長になり、持ち家を建ててという人生設計も描きにくくなっています。
男はつらいよ…ですね。

 

参考 それでも、結婚するのはなぜ?

転勤族こそ結婚しなきゃいけない?結婚しなくても生きていける時代…それでも
結婚するしないは個人の自由です。結婚していないからといって、一人前扱いされない昔とは時代が違います。料理が出来なくても外食で困らないし、家事も家電の進化で便利になりました。それでも、転勤族こそ結婚した方がよい理由があります。

 

短期決戦で結婚を決めたい女性

付き合っているだけなら気楽だけれど

付き合っているだけなら気楽だけれど

 

そろそろ結婚したい男性
そろそろ結婚したい男性

やっぱり結婚はもう少し考えてから…。

わたゆき
わたゆき

女はいつまでも待ってないよ?

 

こうした実情から、結婚はもう少し先でいいかなとどんどん先送りにしてしまうかもしれません。すると、女性はどうするか。演歌の世界の女のように待つだけなんて人はいません。先のない相手には見切りをつけて、結婚する意志のある人を自分から探しに行きます。

 

最近は、学生時代のうちからしっかりとライフプランを設計している女子も少なくありません。婚活市場にいる20代前半の女性が増えているというデータもあります。

 

早いうちに結婚して子どもを産み、それから落ち着いてキャリアを積もうという考えです。こういう人は、学生時代の彼氏とさっさと結婚するか、20代前半で短期集中の婚活をして結果を納めて去っていきます。

 

つまり、真剣に結婚を考えている人ほど、短期間で結婚を決めたいのです。その点、勤務地にいるのが数年と最初から決まっている転勤族は願ったりかなったりなんです。

 

限られた時間だからこそ濃密に付き合える

ポジティブにいこう!

ポジティブにいこう!

 

お付き合いをしても数年後には別の場所へ行ってしまう。それまでの間、その先どうするのかを考えながら仲を深めていけます。仕事でもそうですよね。締切が決まっていないと、何となく後回しにしがちです。期限が決まっているからこそ、限られた時間を大切にしながら未来を考えることができます。

 

大切なのは、何でもマイナス面ばかり見ないこと。一見不利に思える転勤だって、考えようによっては武器になるんですよ。そして、もしご縁がなかったとしても転勤で次の土地へ行くのです。心機一転、新しい出会いが探せるじゃありませんか!

 

ちょっと出遅れたかなと思っても大丈夫!今日が一番人生で若い日です。自分から積極的に動く人は、魅力的に見えますよ。

 

 

▼ 業界最大手で安心な婚活をするなら ▼「楽天オーネット」オンライン無料診断はこちら! 

 

参考 さっそく動き始めるのなら

【次の転勤までに結婚する方法】結婚への不安をなくす出会いへの近道
転勤族は結婚しにくい!次の転勤までには、なんとか妻帯で動きたいと思っている人も多いのではないでしょうか。今まで上手くいかなかった人は、そもそものターゲティングがずれていたのかもしれません。現役転勤族の妻の立場から、転勤があっても結婚したくなる婚活のやり方を教えます。
転勤族だと婚活で失敗しそう?動かなければ出会いのチャンスは逃げるだけ
転勤があるというだけで、結婚には不利。納得いきませんが事実です。現役転勤族の妻の立場から、転勤族が結婚するためにハードルとなっていることについてお教えします。答えは、女の不安を先回りして理解すること。そして、失敗を恐れずにとにかく行動すること。
出会いがないから結婚できない?いやいや…出会いは自分でつくらなきゃ!
会社と家の往復の毎日じゃ、いつまでたっても出会いはありません。まずは、独身女性に会う機会を増やすこと。なにも結婚サービスだけが出会いの方法ではありません。日常生活の延長で、ちょっと行動範囲をひろげるだけでもぐんと出会いの幅は広がります。

 

参考 外見を整えることからスタートするなら

外見が全てじゃない!ですが婚活の場は見た目で無理と思われたら試合終了
内面で勝負したい気持ちはごもっとも。だからこそ、中身を見てもらうため、次へとつなげていくための入り口として必要最低限の身だしなみが欠かせないのです。何も、高価なファッションである必要はありません。年齢に応じた、こざっぱりとしたジャストフィットの洋服を選ぶだけのことです。奇をてらわず、場になじむような普通の服で良いのです。
女性は男性のココを見る!セルプロデュースで外見・印象は変えられる
第一印象は大事といわれますが、実際女性は男性のどこを見ているのでしょうか?漠然としていてつかみどころのない「清潔感」についても、対策を具体的にまとめています。身づくろいはお金をかけずに自分でもできます。人生を大きく左右するかもしれない出会いに、最善の姿で挑みましょう。

 

参考 女心を研究するなら

女心が分からないから結婚できない?風当たりが強い女性こそ強がることも
結婚しようと思っても、まず女心が分からない。結婚できないのは女性心理を理解できていないせいかもしれません。女性が結婚相手に求めているのは、収入や容姿ではありません。積極的に女性に向き合う姿勢は、男性を魅力的に見せます。収入や容姿は簡単には変えられませんが、性格は変えられます。ポジティブさを身につけましょう。